大阪で噛み合わせの事ならかわい歯科クリニックへご相談ください。

院長著書紹介

book

人生を幸せにする歯をつくる!

自由国民社 なにげなく受けている歯科治療が、実はあなたの健康を壊す原因となっていることがあるのをご存じですか。歯科の臨床に携わって約三十年、欧米の歯科事情から整体・噛み合わせの知識まで深く追究してきた著者が、人生を幸せにする最先端の歯科治療のあり方を紹介します。

このサイトの目的

現代社会においてはいろいろな症状や病気で悩まれている方が非常に多いようです。何か症状があれば、近くの病院やクリニックを受診されますが、残念ながら多くの医療機関では症状に対応した診断・治療にとどまることが多く、医科では薬、歯科では削って治すという対症療法が主体になってしまいます。これは症状のあるところだけに着目し、症状や病気のそもそもの原因を考えないことが主たる原因です。 当院では症状や病気の原因を考えて診断・治療を行うことが最も重要だと考えています。多くの病院などで治療を受けたが症状が改善しなかったり、対処療法で症状は軽くなったものの、それを永遠と続けること自体に不安を感じておられるなどさまざまな方がおられますが、実際どうしてよいかわからないというお声もたくさんお聞きしています。
病院やクリニックの治療ではなかなか治らない症状は不定愁訴(ふていしゅうそ、ご存じない方はこのページをご覧ください)と呼ばれ、症状の原因が不明であるために、有効な治療法がないことが特徴です。不定愁訴が生まれる背景には、すべての症状や病気は症状が出ているところに原因があり、治療対象部位であると考えることにあります。たとえば、頭が痛ければ頭しか見なかったりすることです。 また、診断する際に、検査値が正常の範囲の中にあれば、問題ないとしてしまうことも一因です。正常値はほとんどがある範囲をもっています。検査値を正確に読むと、正常値の中にも異常が見いだされることが多くあります。不定愁訴の解決にはこの検査値をどのように読むかも重要です。 さらに、病気や症状の治療には薬を用いる方法しか無いことも不定愁訴が根本的に治せていない主たる原因です。たとえ症状が消失したり、軽減したりしたとしても、あくまでも薬による効果であって、根本的な治療をして治ったわけでないことが多いのです。

さて、噛み合わせが悪いと、多くの不定愁訴が起きることがわかっています。逆に多くの不定愁訴が、噛み合わせを良くすることで改善することも良く経験しています。噛み合わせを良くすることは噛みやすくするなど、単に咀嚼能率を高めるだけではありません。

噛み合わせを改善することによって、ある特定の歯に過大な力がかかったりして歯やお口の問題を発生させることを防ぎ、すべての歯でバランスよく噛めるようになります。
実は、むし歯、歯周病、破折、知覚過敏、つめものやかぶせなど修復物の脱離、くさび状欠損をはじめとする異常な歯の欠損、原因不明の痛みや違和感などほとんどのお口のトラブルの根本原因は噛み合わせの悪さに起因しています。 この場合、口の中に症状が発生しますので、ほとんどの患者さんは歯科を受診されますが、残念ながら噛み合わせの問題を正しく診断、治療できる歯科医師がわずかです。多くの歯科医院では、原因がわからず放置(経過をみましょう)されるのはまだ良い方で、削らないといけない確たる理由もなく、歯を削られ、後々問題を引き起こす修復物をいられるケースが多い気がします。何度も治療を繰り返した挙句、抜いてしまったことはありませんか?

もし、噛み合わせの悪さによる症状がお口の中ではなく、口以外のからだに出てしまうと、ことはもっと厄介になります。まず、患者さんが、症状の出た部位の当該の診療科を受診してしまうからです。たとえば、噛み合わせが悪くて頭痛が発生しているのに、歯科ではなく、内科、脳神経科、耳鼻科、眼科、そして心療内科と、根本原因とは関係ない診療科を受診するという、遠回りをすることになります。やっとたどり着いた歯科でも、ほとんどの歯科医院では噛み合わせに対する正しい診断ができず、また見当はずれの診断や治療を受けてしまうことも多いのです。

しかし、不定愁訴がすべて噛み合わせから起こっているわけではありません。これは重要なことです。当サイトは噛み合わせに対する情報を提供することが主たる目的ですが、噛み合わせの問題で生じる不定愁訴の中には、噛み合わせの問題以外の原因でも起こっていることも併せてお伝えしていくものです。 よって、噛み合わせの歪みやずれから起こるいろいろな症状や病気の改善を行う前に、知っていただきたい点や、その他、歯やお口が原因であるがあまり知られていないからだの異常などについて、できるだけ知っていただく機会をご提供したいと考えています。

噛み合わせ治療だけでは治らないケース

不定愁訴とは

当クリニックの治療方針

歯や歯茎の痛みや腫れなど、トラブルが発生しますと、初めてその存在に気つき、歯科医院へ行かれる方が大半だと思います。むし歯や歯周病の治療が歯科医院の重要な仕事ですが、安易に行われた結果、噛み合わせを悪くされておられる方が非常に多くおられます。

噛み合わせが悪くなりますと、むし歯や歯周病といった歯や歯茎の病気を起こすだけでなく、頬、舌、口唇やのどといった口のいろいろな部位にトラブルを起こしたり、さらには、顎や顎関節の歪みを引き起こし、顎関節症や顎変形症といった病気にもなってしまいます。大学教育では噛み合わせ異常を咬合不正とよび、種々のアプローチをおこなってきましたが、その多くは歯から顎までのトラブルを歯科の守備範囲と考えて治療対象に限定したきたきらいがあります。実際は噛み合わせで生じた歪みは顎にとどまらず、顔面、頭蓋骨ならびに頚部・肩部を経て、次第に全身への影響を及ぼしていると考えられます。

不定愁訴(ふていしゅうそ)という西洋医学では病気とは認められなかった症状は東洋医学では未病の段階と考えており、放置されますと、症状が悪化するだけでなく、最終的に病気を引き起こしてしまいます。たとえば、肩こり、頭痛、首こり、めまい、耳鳴り、難聴、背中の痛み、しびれ、生理痛、腰痛、膝痛、冷え性、疲れ、いらいら感など、さまざまな症状がありますが、その多くは原因がわからないものばかりです。その場合、症状を軽減させる薬による対処療法的な治療を受けるか、あきらめるしか他はなかったと思います。このように原因が特定できない、緊急性の乏しい症状に対しては西洋医学では治療の対象外になってしまいますが、患者さんにとってはやはり症状はつらいものであり、明らかに仕事や学業に差しさわりを生じ、日常生活の質を下げるものです。

当クリニックでは噛み合わせが原因で生じた症状・病気がたとえ口以外の領域で発生しているものであっても、噛み合わせ異常を治すことで、消失あるいは軽減できる可能性があれば積極的に行いたいと考えています。

さらに、当院で行った治療結果を検討したところ、さまざまな不定愁訴が噛み合わせ治療だけでは改善しなかった場合でも、栄養療法などの違ったアプローチをすることで改善したことで、現在は噛み合わせ治療以外の治療を行うことで、不定愁訴の治療効果を高めることができるようになってきています。

薬、健康食品、各種療法など、健康になれると喧伝しているものが多いですが、どれか一つで完全に治すことは難しくなってきています。当サイトは噛み合わせを主体に、その情報提供を行っていますが、不定愁訴の改善のためには、噛み合わせ以外のアプローチも併せて行った方が多いことも、お伝えしていきたいと考えています。
噛み合わせの治療またはそれ以外の治療方法を用いて、歯だけでなく全身の健康を獲得し、よりよい日常生活がおくれるようにすることを最大の治療目的にしています。